ChineseLifeTeaSchool 公認茶藝講師、公認茶会講師、茶会講師詳細

ChineseLifeTeaSchool公認茶藝講師、公認茶会講師、
茶会講師を募集しております。
ご自宅で、カフェで、カルチャースクールで・・・、
中国茶の講師をしてみたい方を募集しております。
CLTSで学んだ方を中心に、
中国茶会や入門講座を開講し活躍されています。
講師の経験がなくてもスタートできるようサポートいたします!
また、CLTS以外で学んでいた方もOK!
お友達を招いて中国茶会をしていらっしゃる方、
CLTSの茶会講師をされてみてはいかがでしょう?
下記の特典をご用意してお待ちしております!

公認茶藝講師・公認茶会講師・茶会講師の定義と条件

・公認茶藝講師:CLTSにて高級茶芸師講座を修了。
    国家公認資格「中級」or「高級」茶藝師取得者。
    CLTS公認茶藝講師養成講座を受講後、
    最終回の試験に合格された方。

・公認茶会講師:CLTSの中級講座を修了された方。

・茶会講師:CLTS初級茶藝講座を修了された方。
    またはCLTS以外で中国茶を勉強し、
    現在すでに中国茶講師として活動されている方。

講師の申請について

公認茶会講師、茶会講師をご希望される方は、
このページの最下部よりお申込下さい。

公認茶藝講師は、養成講座5回の講座を受講して頂き、
6回目が試験となり合格された方が公認茶藝講師となります。

公認茶藝講師養成講座の受講をご希望の方は、直接教室にて申込願います。
(広州・上海・深センにて開催)

入会金・更新料

入会金:30,000円
(店舗をお持ちの方は代理店扱いとなり、入会金:50,000円)
また、毎年4月1日に更新事務手数料として2,000円必要。

CLTSからの特典とサポート

講師の方々には、CLTSより様々な特典やサポート窓口をご用意しております。 ページ下記のCLTS講師特典をご覧下さい。

ご準備いただくもの

CLTSからはネットでのサービスが中心となりますので、ネット環境が必要です。

また、茶葉説明書などダウンロード資料も豊富ですので、プリンターをご用意頂きたく思います。

・茶器、茶道具など...茶盤、蓋碗、茶海、茶道具、茶濾、茶巾、電気ポット、茶托、 その他には使用する茶葉です。

詳しくは、申請を頂きました後にリストにしてお知らせいたします。

講師としての活動

月一回以上を目安に、茶会や講座を開催して頂ければと思います。

茶会、講座内容に関して

茶会と講座の違いについてですが、お茶をゆっくり楽しむだけのものを茶会を呼び、 講師がレジュメを準備して中国茶の知識を学びながらお茶を愉しむような内容を 講座と呼んでいます。厳密に分けているわけではありませんが、会費の違いをご説明する際の目安としています。

CLTSで中級以上学ばれた方は茶葉のご説明までしっかりできると思いますので、
季節にあったお茶を数種楽しむといった茶会がすぐに始められると思います。
各茶葉の説明書は、講師の特典としてCL代理店サイトよりダウンロードできます。また、オリジナルテキストでの講座も自由です。

初級茶藝講座、CLTS公認講座(2012年10月~)は、CLのテキスト・茶葉等がセットとなっており、会費が設定されています。

活動場所に関して

現在、講師として活躍しているメンバーは、自宅、カルチャースクール、カフェなどで、茶会や講座を開いています。特に制限を設けていません。

公共施設などの会議室を予約し、チラシを貼らせてもらって集客するなど、
単発で茶会を開催することもあります。

人数を集めて頂ければ、お客様のお宅で茶会を行うこともできます。

水を扱うので給湯室など水を捨てたり、茶器を洗える場所があると便利です。
また、中国茶を飲むといった行為はゆったりした雰囲気で楽しみたいので、
静かな雰囲気で出来る場所がおすすめです。

茶葉等の販売に関して

講師はCLの通販サイトにある商品すべてを取り扱うことが出来ます。
お茶会にいらっしゃったお客様に直接販売して頂く事も可能です。

茶葉の販売は、CLの茶葉のみ販売できます。

茶葉等の仕入れに関して

代理店と同じ扱いとなり、CL代理店サイトから茶葉や茶器を特別卸売価格で
ご購入することができます。講師の方の利益率を高く設定して、
きちんとしたビジネスになるように考えております。

その他

よくあるご質問をFAQにまとめています→CLTS講師FAQ
また、ご質問はメールにてお気軽にご連絡ください→お問い合わせ

CLTS講師特典は下記をご覧ください!

中国広州より全社員精一杯サポートさせて頂きます!!

講師

1.弊社ホームページ内にて正規講師専用ページ作成

 弊社ネットショップで紹介させて頂きます。
 講師様専用ページを弊社で制作代行させて頂きます。
 講師様の店舗の認知度を上げるために努力致します。
 少しずつ効果が出るように頑張って動きます。

 このページの形で作らせて頂きます。
 参考にご覧下さい。
 http://www.clts.info/jp/okamoto.shtml

2.弊社オリジナル資料をプレゼント

 代表大高勇気が中国を歩いている非売品の資料です。
 お客様への中国茶の理解が深まるツールだと思います。
 中国茶の産地がどのようになっているかもわかります。
 ほとんどが写真で構成されている資料です。
 講師専用HPからダウンロード出来ます。

3.茶葉・茶器の安全検査資料提供

 弊社で検査した資料を全て提供させて頂きます。
 きちんとした商品を取り扱っている事を証明します。
 適当な物は決して販売しないという決意です。
 講師専用HPからダウンロード出来ます。

4.中国茶の説明書及び関連書類の提供

 全ての茶葉に対して説明書を用意しております。
 消費者の方にも理解して頂きやすいツールです。
 どのように淹れるかを細かく記載してあります。
 文章量も多すぎず読みやすい内容です。
 講師専用HPからダウンロード出来ます。

5.完全なサポート体制を完備

 各講師様に担当者が付きます。(もちろん日本語OK)
 中国広州本部にてフルサポートをさせて頂きます。
 わからない事や困った事などあればお気軽に相談して下さい。
 皆様のビジネスをしっかりとサポートさせて頂きます。

6.講師の方々に合わせた資料制作代行サービス

 イベントやお茶会など必要に応じて資料作成代行します。
 弊社二人のデザイナーが担当させて頂きます。
 日本語担当者を通じて代行させて頂きますので、
 もちろん日本語で要望などをお伝え下さい。
 過去の宣伝資料から選んで頂き資料作成。

7.講師の方々への特別卸価格を設定

 最低利益のみを計算した価格で設定した卸売り価格。
 講師様の1袋当たり利益率を高く設定しております。
 講師の方がきちんとしたビジネスになるように考えています。
 仕入値を下げることを企業努力として取組。

8.仕入れてすぐに販売出来るスピーディーさ

 弊社が販売させて頂いているパッケージですので、
 到着してすぐに販売して頂く事が可能となります。
 レジの横などにおいて頂けると販促にもなると思います。
 手間を最大限省いたビジネスモデルのご提案です。
 簡単にシンプルなビジネス構造。

9.CLTS講師様専用メールアドレス提供

 CLTS講師の方に下記の
 「※※※※※@clts.info」メールアドレスを作成します。
 個人のメールアドレスを使用しなくて良いので安心です。
 名刺やFacebookに使用して頂いております。
 プライベートアドレスは必要ありません。

10.CLTS講師の名刺提供

 CLTS講師専用の名刺を作成させて頂きます。
 色々な場で名刺交換などをして頂く時にご活用ください。
 デザインはCLTS統一とさせて頂いております。
 統一のデザインで展開。

11.CLTS講師証書を発行

 CLTS講師の証明として、証書を発行いたします。
 毎年契約更新時に、新たな証書をお送り致します。
 ネット上でもきちんと公開させて頂きます。

12.試飲用・新茶5gプレゼント

 各5gを勉強用としてプレゼントいたします。
 新茶を飲んで頂き、きちんと把握して頂き、
 お茶会やお客様とお茶の話を盛り上げましょう!
 毎年6月に送らせて頂きます。

13.中国茶新聞を隔月発行

 隔月にて中国茶新聞を発行します。
 中国での中国茶事情やニュースなどをお伝えします。
 授業やお茶会で使えるようなネタをピックアップします。
 中国茶の知識を少しでも増やして頂ければと考えています。

14.CLTS学長動画

 学長の動画講座(中国茶講座、社員教育の講座(中国語)閲覧)
 人材教育を第一に掲げるChineseLifeでの社員教育をご覧ください。
 人を育てる事に特化して「人格」を良くしながらリーダーを育成します。
 厳しい内容の部分もありますが、人が成長するには厳しい環境が必要です。

15.大高勇気中国茶塾・世界

 学長である大高勇気が2010年に1年ほど書いた教材。
 各茶葉毎にどのように見極めてテイスティングするのかを書き下ろした内容。
 定価36,000円の内容をプレゼントさせて頂きたいと思います。
 プロがプロを育てるために魂で書いた内容となります。
 講師専用HPからダウンロード出来ます。

◆公認茶藝講師・限定特典◆

 公認茶藝講師の方には更なる特典を用意しております。

 公認茶藝講師養成講座教材の無償アップグレード。
 公認茶藝講師育成講座教材の詳細動画講座。
 CLTS公認講座教材。
 公認講座の動画講座。
 上記の特典を用意させて頂いております。

ChineseLife公認茶会講師、茶会講師 募集中!

 中国茶を教えられている方や
 ご自宅、場所を借りてお茶会をされている方達対象。

 ChineseLifeで中国茶を学ばれていなくても大丈夫です。
 合言葉は「愛中国茶」! 中国茶が好きな方達に国境も派閥もありません!

 入会金:30,000円 
 2年目から毎年更新事務手数料として2,000円頂いております。
 講師の方々にCLTSが発行させて頂く証書を送らせて頂きます。

講師4

 ※注1 店舗を持っている方は「ChineseLife代理店」と致します。
 ※注2 現在講座やお茶会を開催している方が対象です。
 ※注3 中国茶を学ばれた場所は問いません。(中国茶が好き!ここ重要です!)

公認茶会講師、茶会講師についてのお問い合わせはこちらから

公認茶会講師、茶会講師申込みはこちらから

講師4

クリックで拡大出来ます。

CLTS講師陣 ←現在活躍している講師の方々!

CLTS公認茶藝講師養成講座 ←公認茶藝講師になる方の講座!

ChineseLife「VIP」カード


2013茶会レポート


CLTS紹介

CLTS紹介

CLTS茶藝講座の紹介

ChineseLife動画メニュー

ChineseLife

夢のプレゼン

大高勇気VIDEOの紹介

講師募集


講師募集



AERA

お茶の魅力を/チャイニーズライフ・公認講師・岩田晄幸/ 静岡県茶業組合「月刊茶」に掲載して頂きました。

ChineseLife薬膳講座

  • ChineseLife薬膳講座
  • 大高勇気紹介

    WeChatで繋がる!

    ↓ iPhone版 ↓
    WeChatをインストール
    私が定期的に動向をアップ中♪ Lineとほぼ同じ機能です! 下記から友達申請願います!

    ID:otakayuki
    ネーム:有梦想的茶人

    ↓ChineseLifeオフィシャル! 定期的に情報発信します♪♪


    Line:otakayuki
    ↓Lineは日本語で更新中♪

    中国茶藝を世界に伝えたい

    中国広州に本校を構え、400名以上の方が習われた中国茶藝講座。
    中国が世界に誇る中国茶藝の伝統を大切にしながら講義を行なっています。 2012年8月上海に教室をオープンし、上海でも中国茶藝の素晴らしさを伝えていきます。
    そして、学んで頂いた内容を他の方に教えて頂く講師を随時募集しております。 講座の内容などはCLTS本部でサポートさせて頂いております! 一緒に中国茶藝を伝えていきませんか?
    ChineseLife中国茶スクール

    中国茶・中国茶器世界ブランド「ChineseLife」

    日本人が経営する中国広州の四つ星ホテルに拠点を構えている中国茶専門店です。
    1年の90〜100日をかけて中国を歩き、茶農家の方達と一緒に作り続けてきた安心で安全な中国茶を 世界の方々に伝えるために今日も日々奮闘しております。
    ChineseLife紹介

    大高勇気オフィシャルサイト

    2002年8月25日に中国広州を訪れ、中国と10年ほど関わり、中国の貧困層から富裕層まで幅広い付き合いをしていく中で、「人」を学び「人」を考え、「人」の教育を学びました。当たり前の事があまり前のように出来ない社会の中で、自分に正直な態度で皆様に私の夢と志を伝えていきます。
    大高勇気オフィシャルサイト

    中国茶は安全!?


    中国茶メールセミナー

    Facebook

    チャイニーズライフ動画

    私には夢があります
    私には夢があります
    ChineseLifeの紹介です
    ChineseLifeの紹介です
    コーチ担当のキッズサッカー
    キッズサッカーの心得

    Facebook始めました!

    Facebook Facebook始めました!
    中国茶を語り続けます!

    AERA(アエラ)に掲載!

    AERA

    表紙:上野樹里/女優
    2011年1月3・10日合併増大号 中国に勝った日本人100人(30P)

    中国茶の愛

    中国茶の愛

    中国茶の基礎知識や大高勇気の連載などをこちらで公開しております。 魂を込めて書いていますので、中国茶の世界をより知りたい方に是非読んで頂きたく思います。

    読売新聞の記事

    読売新聞画像 2009年6月13日の読売新聞「国際」ページに大高勇気の記事を掲載して頂きました。

    このページの先頭へ